八王子市の皆様! 

こんにちは! 

久保名倉堂整骨院の久保です。 




インフルエンザや胃腸炎ととても流行っておりますね(~_~;)
因みに、うちの息子は二つともかかりました。
今ピークを迎えてるようですので皆様も最低限の予防対策をしてなんとか乗り切りましょうね!




今回のテーマは「基礎代謝」についてなんですが、年齢と共に低下していきいつの間にか太りやすい体になっていきます。以下、詳しく説明させて頂きますね。



「生活習慣病」と聞くと、何が思い浮かびますか?多くの人が糖尿病や脳梗塞などを挙げると思いますが、骨粗鬆症や肥満症(メタボリックシンドローム)も、生活習慣病の一つです。生活習慣病はカロリー過多な食事や運動不足が大きな原因となります。




中には「食べる量が変わってないのに太ってきた」と感じる人もいます。それは人間の生体機能を維持するために必要なエネルギーである「基礎代謝量」の低下が原因かもしれません。




基礎代謝量は加齢によって減少していきます。厚生労働省によると、基礎代謝量は「基礎代謝基準値×体重」で算出できます。この基礎代謝基準値は、次のとおりになっています。




男性…18~29歳:24.0
   30~49歳:22.3
   50歳以上 :21.5
女性…18~29歳:22.1
   30~49歳:21.7
   50歳以上 :20.7




踏まえると、例えば25歳70kg男性の基礎代謝量は1680kcal、55歳70kg男性は505kcalになる計算です。この差は実にご飯約100gに相当。何歳になっても同じ食生活を続けているだけで、摂取カロリーは基礎代謝量をどんどん上回ってしまうのです。




ただし、基礎代謝は一日全く動かなかった場合の消費カロリー。上回った分運動すれば解決します。とはいえウォーキングでも、70kgの方が30分歩いて120Kcalほど(ウォーキング1時間当たり 体重×3.5kcal 消費と言われています)。




もしも体を動かすのはちょっとという方は、摂取カロリーを見直しましょうね。鶏肉を食べる時に皮を取り除くだけでも100kcal以上減らせます。もちろん適度な運動も行い、健康な身体を作っていきましょう!




もし、運動嫌いの方などいらっしゃいましたら寝ているだけで筋トレができるEMSトレーニングというマシーンが久保名倉堂整骨院にはございますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください!



本日も最後までお読みいただき有難うございました。



TEL042-657-6214まで、LINE@からもご予約やお問合せが可能です。
又は、HPのお問い合わせホームからメールにてお問い合わせください。