八王子市の皆様!
 
こんにちは! 

久保名倉堂整骨院の久保です。 




今年もあっという間に2か月が終わってしまいましたね。最近つくづく一日が早いな~と実感している今日この頃であります。




さて、今日のテーマは「便秘」についてお話させて頂きます特に女性に多い悩みだと思います。



たかが便秘、と軽く考えがちですが、便秘が続くと肩こりや体のだるさ、肌荒れを引きおこし、悪化すると入院する可能性もあります。特に3日以上排便がないことがある人は注意が必要です。



便秘に有効な薬はありますが、できるだけ食事で改善したいところ。便秘に有効な成分として有効なのが、食物繊維です。ただ、闇雲に摂取すればいいというわけではなく、食物繊維の働きを知らなければなりません。




食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類がありますが、便へのアプローチの方法や含まれている食材が異なっています。意識して摂取すると、便秘解消により効果が見込めるでしょう。



まず、水溶性食物繊維とは、その名前の通り水に溶けやすい食物繊維のこと。海藻類、野菜では生キャベツやレタスに含まれています。




水溶性食物繊維は、お腹の中で柔らかい便を作ったり、お腹の中をきれいにしたりする作用があります。また食べた食物の糖分や脂肪を包んでお腹の中を進んでいくので、お腹が空きづらく満腹感を感じやすい効果もあります。




不溶性食物繊維は水に溶けづらい食物繊維です。女性に人気なアボカドがこの不溶性食物繊維が多く含まれている野菜です。不溶性食物繊維は保水性が高く、腸内の水分を吸収して膨らむことで、腸内の動きを活発にしてくれる作用があります。




また繊維質な食べ物に多く含まれているので、自然と噛む回数が多くなり、顎の発達や食べ過ぎを防いでくれる効果もあります。




どちらか一方を摂取すればいいというわけではなく、不溶性2:水溶性1の割合、成人女性の場合は合計18gの摂取が理想と言われています。




食物繊維のサプリメントで補うと、食物繊維腸内に滞留し、結局便秘が良くならないということもありえます。サプリメントや薬に頼るのではなく、バランスの良い食事で便秘を解消してきましょう。




お腹周りの固さが腸の運動の妨げになると思います。整体でお腹周りの筋肉を緩める事が可能です。気になる方は、是非一度ご相談ください!




TEL042-657-6214又はLINE@HPのお問い合わせホームからご予約のうえご来院下さい。




本日も最後までお読みいただき有難うございました。