八王子市の皆様!

こんにちは! 

久保名倉堂整骨院の久保です。 




もう四月になるというのに、まだまだ朝晩寒くて体調管理が大変ですよね(>_<)




「足が冷えて夜眠れない」とか真冬に比べて大分減りましたが、特に女性のクライアントさんからよく聞きます。




そこで、今回のテーマは「冷え性」についてお話させていただきます。




女性の70%が冷え性を訴え、男性にも現在冷え性がふえてきております。以下、冷え性のタイプについて説明させていただきます。




*新しい冷え性自律神経失調タイプ・・・季節を問わず体全体がいつも冷えているように感じるタイプ。便秘・下痢を繰り返したり、胃が弱かったり、頭痛や腰痛がある。




◎隠れ冷えタイプ・・・肩こり、腰痛、めまいなど、不定愁訴を持つ人は要注意。手足にほてりを感じたり全身にかゆみがあったりという症状も。




*従来の冷え性末梢神経収縮タイプ・・・秋から春先まで手足の先が冷える一般的なタイプ。つめ割れやささくれができ、血行が悪いので肩がこったり、しもやけができやすい。




◎内臓冷えタイプ・・・上半身はほてるのに、下半身は冷えるタイプ。生野菜や果物、コーヒー、お茶、牛乳が好きで、生理痛がひどく、腰痛や便秘にもなりやすい。




◎血行不良タイプ・・・貧血、低血圧、低体温のいずれか、またはすべてを持つ人に多いタイプ。一年中体全体の冷えを感じる。特に足先、手足が冷える。基礎代謝が低いために何かをするとすぐにだるくなり、体力もあまりない人が多い。




◎甲状腺機能低下タイプ・・・寒がり、低体温(36度以下)、疲れやすい、無気力が当てはまると危険。このタイプは便秘がちで太りやすく、肌や髪も乾燥し、汗も出にくい。




◎セルライト体質タイプ・・・おしり、太もも、腹部の皮膚にオレンジの皮上のデコボコがある。おしり、太もも、腹部、ふくらはぎが冷え、ダイエットしても効果があまりない。




以上が冷え性のタイプについての説明でした。




整体でこれらの悩みを解決出来たら最高ですよね!久保名倉堂整骨院では、このようなお悩みをもった方もたくさん来られております。




気になる方は、お気軽にお問い合わせください。
LINE@
TEL042-657-6214
ホームページのお問い合わせホーム
などからよろしくお願い致します。





本日も最後までお読みいただき有難うございました。