肩こり|症状|久保名倉堂整骨院 

久保名倉堂整骨院ロゴ
久保名倉堂整骨院

久保名倉堂整骨院ヘッダー
久保名倉堂整骨院スマホヘッダー

肩のコリでお悩みなら
八王子の久保名倉堂整骨院へ

八王子市の整骨院で肩こり・腰痛・整体・美容・交通事故が得意な所は?
八王子市の久保名倉堂整骨院で根本改善
 

メディア掲載情報

 
久保名倉堂整骨院の雑誌掲載
久保名倉堂整骨院の施術コンセプト①
久保名倉堂整骨院の施術コンセプト④
久保名倉堂整骨院の施術コンセプト⑤
予約電話バナー
八王子市の久保名倉堂整骨院ライン

肩こりでお悩みの方へ

肩こり お悩み 整体

肩こりに悩んでいる場合は、「整体」も悩みを解消する選択肢のひとつです。
痛みや不調が軽いときはマッサージで緩和できますが、根本的な施術にはなりません。「肩が凝っているから」と言って、定期的にマッサージに通っていませんか?
 
中程度以降の肩こりに対しては、信頼できる整骨院で施術を受けることが大切です。
 
また痛みや不調が長引いている際も、施術を受けて生活の質を取り戻す点が重要なポイントです。
 
以下で、肩こりが原因で起こる不調を挙げていきます。あなたに当てはまるものがないか、チェックしてみてくださいね。

肩こり 睡眠
①肩が痛くて眠れない

肩が痛くて眠れないのは、生活の質を下げてしまう典型的な肩こりの不調です。
 
放っておけばおくほど深刻な状況になるので、早めに相談したり、なんらかの施術を開始したりすることが求められます。
 
眠れないほどの痛みや不調は、翌日のパフォーマンスを低下させてしまうことも。安眠できるように、肩の不調を取り除く必要があるでしょう。

肩こり 頭痛
②肩こりからくる頭痛

肩こりからくる頭痛は、整体で緩和できます。
 
頭が痛いと、眠れないだけでなく、昼間の集中力が途切れてしまい、イライラへと結び付きがちですよね。
 
肩こりからくる頭の痛みは、肩周りの筋肉や首筋と連動して起こっています。そのため、原因となる部位をまとめて施術すると、緩和にいたるのです

肩こり 集中力
③仕事に集中できない

仕事に集中できないのも、肩の張りや痛みが引き起こす典型的な問題だといえます。
 
肩の張りや痛みが発生するたびに集中力が途切れる状況は、仕事をするうえで大きな壁となってしまうでしょう。
 
もし、現時点では「肩に違和感がある」程度だとしても、気になるのなら整骨院に早めに相談するのが賢明です。そのまま放置しておくと、症状が悪化してしまい、一日の業務が上手く進められなくなってしまうかもしれません。

肩こり 背中の痛み 腰痛
④背中の痛みや腰痛まで起きている

背中の痛みや腰痛が発生しているのなら、肩の筋肉に生じている問題が深刻化している恐れがあります。
 
早めに対処しないと、回復しないばかりか、範囲が広がってつらさが深刻化する結果に結び付くでしょう。
 
背中や腰も、肩とつながっています。部分的ではなく全体を見て、部位に合わせた適切な施術を受けることが重要です。

肩こり 慢性
⑤子供のときから肩こりで悩んでいる

子どものときから肩こりで悩んでいるなら、骨格や筋肉の使い方も含め、総合的に対処する必要性が高い状況です。
 
小手先の施術では、緩和が難しいと考えられます。そのため、マッサージよりも本格的な整体が受けられる、整骨院に任せるのがいいでしょう。 

 肩こりの原因とは?

こりの原因

肩こりの原因は、人それぞれ。原因は多様化していますが、施術法はたくさんあるので、あなたに合った施術を受ければ回復も期待できます。
 
一方、何もしないと回復しないばかりか、短期間で悪化する場合もあります。痛みや不調が気になったら、プロに頼って原因の特定や施術を検討しましょう。
 
プロに相談すると、ストレッチや疲労を防止する身体の使い方についての的確なアドバイスがもらえ、再発の防止にもつながります。
 
以下では、肩こりの原因を挙げていきます。無意識のうちに、肩こりを自ら招いているかもしれません。

不良姿勢 肩こり
①不良姿勢、間違った姿勢

不良姿勢や間違った姿勢は、肩こりの引き金になります。曲がった背中や左右が傾いている重心のバランスなど、原因となり得る条件はさまざま。
 
脚を組む癖や腰を曲げる座り方も、それが常態化すると肩こりの発生につながります。
 
案外、身体に合わない靴や椅子でも症状は起こるので、身の回りの物を含めて原因を特定することが重要です。日常的な何気ない身体の使い方が、深刻な悩みを引き起こす要因となることもあるほど。
 
デスクワーカーは筋肉が固まりがちですし、重心の位置がズレやすいので、肩だけでなく首や腰にも不調が現れる場合が多くあります。
 
誤った姿勢のままだと一向に緩和しませんから、原因を特定する為にも整骨院に相談するのが合理的です。

ストレス 肩こり
②精神的な緊張やストレス

精神的な緊張やストレスは、肩こりも含めた肉体的な症状を招きます。
 
緊張状態は、筋肉をこわばらせるうえ、血液の流れにも影響を与えてしまうのです。精神的な負担は、肩こりばかりか、頭の痛みまで引き起こすことも。
 
そこで、日常生活に支障をきたさないよう、早めに整体を始めるのが吉です。整体なら、身体の状態をヒアリングしながら、肩こりの原因に正しくアプローチでき、内面的な相談にも乗れます。
 
また、精神がすり減ってしまっているときは、一旦ストレスの発生源から距離を置いて、心身ともにリラックスさせることが必要です。日常を忘れて何か楽しいことに取り組むのも、いい治療法となります。

運動 肩こり
③運動不足、睡眠不足

運動不足や睡眠不足も、肩こりの原因です。
 
運動不足は、筋肉量を低下させます。その結果、血流量が減って肩こりが発生するのです。
 
睡眠不足は、疲労回復や細胞修復を不足させる原因のため、肩周りの疲労も翌日に残してしまいます。肩の痛みで眠れない状態は、悪循環のきっかけ。負のループにハマらないためにも、早期に施術して断ち切る必要があるといえるでしょう。
 
そこでいちばんおすすめなのが、整骨院に通うこと。プロに睡眠不足について相談しながら、整体の施術を受けて、身体をほぐしていくのがポイントなのです。運動不足のまま無理にスポーツを始めると、かえって身体を痛めたり症状を悪化させたりすることがあるため、注意してくださいね。

眼精疲労 肩こり
④眼精疲労やカラダの冷え

眼精疲労やカラダの冷えも、肩コリの原因のひとつ。
 
デスクワークが原因となるパターンが多くあります。なぜなら、パソコン画面や資料に向き合う仕事がメインのデスクワークは、眼精疲労の元となるからです。眼精疲労は、眼球のピント調節機能が凝り固まり、肩の痛みも生み出してしまいます。
 
また、オフィスは、冷房が効きすぎている傾向があります。低過ぎる部屋の温度や直接的に受ける冷気は、冷えの元となり、肩こりを発生・悪化させてしまうのです。
 
健康的な身体を保つヒケツは、身体を動かしたり温めたりすること。つまり、正反対となるデスクワークは、肩こりの大敵といえます。そこで、作業の合間には休憩を挟み、立ち上がって身体を動かしたり、遠くを見たりする習慣を作ってみてください。
 
肩こりを防止する習慣をしていても悪化してしまう場合は、健康な身体作りのプロである整骨院に任せましょう。

肩こりの原因
⑤その他、整形外科的、内科的疾患など

肩こりの原因として考えられる要素は、整形外科的や内科的疾患など、ほかにも存在しています。
 
なかには、原因不明と判断されるケースも存在します。しかし、大抵は日常生活や身体そのものに原因があるものです。
 
整形外科的な原因の場合は、生まれ持った骨格や後天的に作られた骨格が、痛みや張りの症状を引き起こしています。
 
整体では、骨の形の修復はできませんが、骨格を見ながら骨の位置や筋肉の状態を回復できるのです。こういった整骨院のアプローチを行うことで、整形外科的な原因を対処できるパターンが多くあります。
 
内科的疾患が肩こりを引き起こすのも、珍しくありません。むしろ、誰にでも起こり得る要因です。
 
「医者ではないのに、体内に潜んでいる原因の特定なんてできるの……?」と思われるかもしれません。しかし、内科的疾患も原因の可能性として含み、調べてから施術のアプローチをすることこそが、整体のプロなのです。この考えは、久保名倉堂整骨院でも大切にしています。
 
当てずっぽうの施術は、施術にならないどころか、悪化する要因になります。そのため、「肩に違和感があるから、マッサージに行こう」など、安易に施術を始めることは禁物。
 
再発防止の観点でも、原因を特定して正しい対処をするのが、健康への近道です。整体は、遠回りしないで済む、明るい道になるでしょう。   

 繰り返す肩こりは間違った施術法にある?

繰り返す肩こり

痛み止めなどの薬は、痛みを緩和したり不調を軽減したりするのには有効。しかし、飲むのを止めると元に戻ってしまう、根本的な解決ができないアプローチです。
 
痛みだけを止める目的の薬では、痛みの根本的な原因にはアプローチできません。表面的な施術に留まると、根っこからは回復しないのです。
 
このように、間違った施術法は、世の中に多く存在しています。では、肩こりの間違った施術法には、どんなものがあるのでしょうか?以下で挙げていきます。

肩こり 処方箋
病院からもらう痛み止めやシップは、一時的な緩和にしかならない

痛み止めを使用した直後、またはシップの使用中は、多少は肩の不調が緩和されるでしょう。しかし、緩和されるといっても、痛みを誤魔化しているだけ。根本的な回復にはなりません。
 
また、処方薬の効果には限度があります。「痛み止めをもらっているのに、肩こりを繰り返す」「シップを貼っても回復しない」などの状態は、間違った施術を受けている証拠です。

肩こり マッサージ
②マッサージは一時的にラクになるだけ

マッサージを受けた当日はラクなのに、次の日にまたつらくなっていませんか?
 
筋肉をほぐしたり血流を促進したりするマッサージは、施術を受けた直後なら、心地良さが感じられます。
 
ただ、施術の効果は、不調が発生している患部のみに限定されてしまうのです。根本的な原因にはアプローチできていないため、翌日には元に戻り、肩こりが再発する結果に陥ります。場合によっては、マッサージ前より痛みが増すこともあります。
 
たとえ「不調さえ起こらなければいい」といっても、費用的にも時間的にも、毎日マッサージを受けるのは難しいでしょう。整体のように、原因から根本的に解決していくことが、結果的にもっともコスパがいい方法です。

肩こりに終止符を打つ、いちばんの近道は?

肩こり 不良姿勢

それこそが不調や痛みにアプローチするヒントで、根本的な回復に近づく方法といえます。
 
不良姿勢は軽視されがちですが、僅かにアンバランスな状態でも、少しずつ積み重なると肩のこりなどが出てきます。
 
最初は小さな違和感程度ではあるものの、次第に痛みが増したり頭の痛みへと進行します。
 
痛み止めやシップで誤魔化せますし、マッサージで一時的には緩和されますが、やはり根本的には良くならないのが実情です。
 
繰り返す肩のコリに終止符を打ちたい、そう考えるなら不良姿勢に注目して、根本的な施術を受け始めるのがベストでしょう。
 
肩のコリは頑強でしぶとい不調の原因ですから、存在そのものを消滅させるような、原因に対する施術が必要となります。

電話をかける電話をかける
24時間LINE予約
料金表