頭痛|症状|久保名倉堂整骨院 

久保名倉堂整骨院ロゴ
久保名倉堂整骨院

久保名倉堂整骨院ヘッダー
久保名倉堂整骨院スマホヘッダー

頭痛でお悩みなら八王子の久保名倉堂整骨院へ

八王子市の整骨院で肩こり・腰痛・整体・美容・交通事故が得意な所は?
八王子市の久保名倉堂整骨院で根本改善
 

メディア掲載情報

 
久保名倉堂整骨院の雑誌掲載
久保名倉堂整骨院の施術コンセプト①
久保名倉堂整骨院の施術コンセプト④
久保名倉堂整骨院の施術コンセプト⑤
予約電話バナー
八王子市の久保名倉堂整骨院ライン

頭痛でお悩みの方へ

頭痛 悩み

頭痛が発生するタイミングは人それぞれですが、頭痛に関する悩みを抱えている人は多くいます。では、どのような場面で頭痛が起こるのでしょうか?以下で、頭痛の不調について挙げていきます。

肩こり 頭痛
①肩こりがひどく頭痛を感じる

肩こりがひどい方、頭痛も感じていませんか?肩こりが原因の頭痛は、骨格や筋肉の使い方も含め、総合的に対処する必要性が高い状況です。
 
小手先の施術では、緩和が難しいでしょう。マッサージよりも本格的な整体が受けられる、整骨院に任せるべきでしょう。

頭痛 リラックスしている時
②家でリラックスしているときに頭痛が起こる

家でリラックスしているとき、突然頭痛が起こりませんか?このパターンの頭痛は、決して珍しくないタイプの悩みです。
 
リラックス状態で起こる頭痛は、一見するとおかしく思わせるものですが、実は普通にあるもの。原因を確認することが先決なので、頭痛の症状に詳しい整骨院に相談してみましょう。

頭痛 仕事
③仕事が重なると頭痛を感じる

仕事が重なったときに頭痛が起こりませんか?精神的な負担が原因の頭痛もあります。
 
無理をしてもいいことはありません。仕事に支障をきたすリスクにもなるので、頭痛を感じたら整骨院で見てもらいましょう。

頭痛 寝られない
④頭が痛くて眠れない

頭が痛くて眠れないことはありませんか?寝不足だと、翌日の集中力が途切れやすくなり、パフォーマンスが低下する可能性が高まります。
 
疲れは、深い眠りで取れるもの。頭痛に睡眠が妨げられる状況は、疲れをどんどん溜めてしまいます。
 
眠りにつく前に頭痛が生じるときは、快眠のためにも、原因を調べて根本治療を行うことが大切です。

頭痛薬 落ち着かない
慢性的な頭痛

慢性的な頭痛に悩まされていて、頭痛薬が手放せないなんてことはありませんか?
 
その場合は、久保名倉堂整骨院にお任せください。専門知識と技術で、薬に頼らない根本治療を行います。   

頭痛にはいろんなタイプがある

頭痛 色んなタイプ

頭痛の種類は単一ではなく、さまざまなタイプがあり、原因や対処法も違います。以下では、頭痛のタイプを挙げていきます。

頭痛 緊張性頭痛
①筋緊張性頭痛

筋緊張性頭痛は、締め付けるような痛みが続き、慢性化しやすいタイプ。片頭痛ほどの痛みは発生しないので、我慢しながら日常生活を送ることは可能です。
 
緊張型頭痛と呼ばれる場合も。筋緊張性頭痛は、肩こりと首の痛みを生じることもあるのが特徴です。
 
慢性頭痛の6割が筋緊張性頭痛とされているので、たくさんの人がこの悩みを抱えています。

片頭痛
②片頭痛

片頭痛は、筋緊張性頭痛とは違い、ズキズキとした脈打つ痛みが特徴です。こめかみ辺りに痛みが生じることが多く、数時間から3日ほど連続して症状が続きます。
 
片頭痛という名前ですが、必ずしも片側だけに発生するものではありません。両側に生じる人も存在します。
 
間欠的に生じるパターンもありますが、大抵はズキズキと痛みが続くパターンです。生活に支障をきたすことも。
 
痛みのピークは発生してから数時間後。ひどい場合には、吐き気を生じたり嘔吐してしまったりするほど、強い症状が現れます。
 
動くと痛みが悪化するタイプの頭痛なので、身動きが取れず、仕事や家事をこなすのが難しくなります。

群発頭痛
③群発頭痛

群発頭痛は、発症数の少ない頭痛で、特定の期間に症状が集中的に発生するのが特徴です。
 
一般的には季節の変わり目に起こりやすく、発症すると数カ月の間、症状が続きます。症状が治まった後も、半年から3年程度の間を空けて再発するのです。
 
発症しやすいのは男性。原因はまだわかっていませんが、女性の4倍以上発生するとされています。年齢別では20歳から40歳に集中しており、働き盛りの男性を悩ませる頭痛だといえるでしょう。
 
痛みの程度は、片頭痛以上。目玉がえぐられる、あるいは尖った物で刺されるかのような痛みだと例えられます。歩いたり動いたりすると痛みが弱まるので、症状を紛らわせる意味も含めて、患者さんは動きながら痛みに耐える傾向です。
 
頭痛は原因が分かっているものばかりではありませんが、血管の状態や血流、それに神経系も関わっているとみられています。薬や生活習慣の改善でも対応できますが、根本治療を前提とした整体を受けることで、改善が見込めるケースも。
 
群発頭痛に悩んでいる方を救うため、久保名倉堂整骨院でも、症状の軽減を目指して施術に取り組んでいます。

 命に関わる怖い頭痛とは?

命に関わる頭痛

痛みがひどい頭痛が発生すると、生死に関わる事態に発展する場合があります。そして、我慢できたり症状が軽くなったりする頭痛にも、命に関わる怖いものが紛れています。では、どのような頭痛が、命に関わるのでしょうか?以下で挙げていきます。

くも膜下出血
①くも膜下出血による頭痛

くも膜下出血による頭痛は、痛みの程度がほかの頭痛の比になりません。激痛どころではなく、野球のバットで殴られるような痛みだと表現されます。本当に殴られたように感じる人もいるほどなので、くも膜下出血による頭痛は軽視できないものです。
 
痛みは意識が失われるまで続きますし、寒気が生じて吐き気も催します。
 
一刻も早く治療を受ける必要があるため、症状に気が付いたら躊躇せず、周りに助けを求めたり救急車を呼んだりしましょう。

脳腫瘍 頭痛
②脳腫瘍による頭痛

脳腫瘍による頭痛の特徴は、起床時にもっとも強く痛み、その後だんだんと軽減していくこと。午前中に段階的な軽減が見られる場合は、脳腫瘍による頭痛が強く疑われます。
 
脳自体には痛みを感じる器官がないので、損傷が発生していても気が付きにくいのが現状です。脳の移動に伴い、他の組織が圧迫されて痛むことはありますが、他の頭痛とはあまり違いが見られないのが注意点です。
 
もし、頭痛とともに複数の症状が生じている場合は、脳の周りの神経が圧迫されている疑いがあります。嘔吐やめまい、視力の低下、聴力の低下が発生したら、脳に問題が生じている恐れが強まります。
 
ただ、いずれも類似した症状や原因があるため、軽視されがちで見過ごしてしまうことも珍しくありません。
 
違和感や不安を覚えたら、早期に診断を受けましょう。早めの行動が、命に関わる脳腫瘍を発見するための現実的な方法です。

髄膜炎 激しい痛み
③髄膜炎による頭痛

髄膜炎による頭痛も、命に関わる怖い頭痛です。髄膜炎とは、ウイルスや細菌による感染症。頭痛は、くも膜などに炎症が生じているのが原因です。
 
激しい痛みとあわせて、吐き気や高熱などの症状があります。後頭部に痛みを感じるケースが多く、首筋は硬直して緊張状態に。吐き気が深刻化すると嘔吐に発展し、高熱と相まって寒気も生じます。
 
ウイルス性の場合、自然治癒もあり得ます。しかし、細菌性の場合、高熱を伴った頭痛の症状が激しく、命に関わるリスクが高め。身体を動かすと痛みは増すため、動いて頭痛が激しくなるときは要注意です。
 
命に関わる怖い頭痛の特徴には、突発的だったり過去に体験したことのない痛みだったりと、いくつかの共通ポイントがあります。
 
頭痛のほかに、嘔吐や発熱、手足の痺れなどが生じている場合は、命に関わる可能性を考え、速やかに専門医に相談するのが賢明です。

電話をかける電話をかける
24時間LINE予約
料金表