頭痛でお悩みなら
八王子の久保名倉堂整骨院へ

スマートフォンやパソコンが広く普及した現代社会において、眼精疲労や睡眠不足などを原因とした頭痛は、なじみ深い症状であるとともに時には命を脅かす重症に転じてしまう可能性のあるものとして症状には注意しておかなければいけません。頭痛が発生するタイミング、種類はバラバラで、それに応じて原因や対処法も違います。

以下で、頭痛の不調について挙げていきます。自分に当てはまるものがないか確認してみてくださいね!

 

 

頭痛の種類と症状

頭痛の原因は時代とともに多くなっていて、人それぞれに様々な要因があります。頭痛を大きく筋緊張性頭痛、片頭痛、群発性頭痛、の三種類に分けられ、日本人はこれらの症状を三人に一人が悩まされているとされています。

①筋緊張性頭痛

筋緊張性頭痛は、締め付けるような痛みが続き、慢性化しやすいタイプ。片頭痛ほどの痛みは発生しないので、我慢しながら日常生活を送ることは可能です。緊張型頭痛と呼ばれる場合も。

筋緊張性頭痛は、肩こりと首の痛みを生じることもあるのが特徴です。慢性頭痛の6割が筋緊張性頭痛とされているので、たくさんの人がこの悩みを抱えています。

②片頭痛

片頭痛は、筋緊張性頭痛とは違い、ズキズキとした脈打つ痛みが特徴です。こめかみ辺りに痛みが生じることが多く、数時間から3日ほど連続して症状が続きます。片頭痛という名前ですが、必ずしも片側だけに発生するものではありません。両側に生じる人も存在します。間欠的に生じるパターンもありますが、ズキズキと痛みが続き、生活に支障をきたすことも。

痛みのピークは発生してから数時間後。ひどい場合には、吐き気を生じたり嘔吐してしまったりするほど、強い症状が現れます。動くと痛みが悪化するタイプの頭痛なので、身動きが取れず、仕事や家事をこなすのが難しくなります。

③群発頭痛

群発頭痛は、発症数の少ない頭痛で、特定の期間に症状が集中的に発生するのが特徴です。一般的には季節の変わり目に起こりやすく、発症すると数カ月の間、症状が続きます。症状が治まった後も、半年から3年程度の間を空けて再発するのです。

発症しやすいのは男性。原因はまだわかっていませんが、女性の4倍以上発生するとされています。年齢別では20歳から40歳に集中しており、働き盛りの男性を悩ませる頭痛だといえるでしょう。

痛みの程度は、片頭痛以上。目玉がえぐられる、あるいは尖った物で刺されるかのような痛みだと例えられます。歩いたり動いたりすると痛みが弱まるので、症状を紛らわせる意味も含めて、患者さんは動きながら痛みに耐える傾向です。

 

頭痛が引き起こす命の危険性

一度は経験したことのある「頭痛」。なじみ深いとはいえ、放っておいて悪化した場合にもしかしたら命を脅かす重症に変化しているかもしれません。些細な体調の変化に気付くためにも、下記の危険性のある項目はチェックしておきましょう。

 

頭痛のお悩みは当院にお任せ下さい

一般的な病院や整体、整骨院では、筋肉をマッサージしたり、電気をかけたり、薬を処方されたり基本的に痛みに対する対症療法を行っているところが多いと思います。

しかし、「痛みは、結果であり本当の原因ではありません。」要するに、本当の原因にアプローチしない限り、長年の痛みや不調は取れないということになります。 久保名倉堂整骨院では、医学的・科学的根拠をしっかりと示し施術を進めていきます。

巷の整体や整骨院では、根本的に痛みを改善しますとアピールしているところが多いですが、そのほとんどが医学的・科学的根拠を示さず筋肉をマッサージしたり骨盤矯正をしたりしております。 触って分かることは正直ありえません。そこで、久保名倉堂整骨院では、より正確な骨格の状態を把握するために、ご希望があれば医療連携先にご紹介させて頂いております。
*当院は指示、診断は一切行っておりません

身体のバランスを整え、構造(姿勢・ゆがみ)を改善させ機能(神経・骨格・筋肉・内臓)を正常な状態へと導いていきます。 先進のコンピューターを使用した施術で、お子さんからご高齢の方まで安心して受けられる、とても優しい刺激の矯正になります。

当院の理念「患者さんの健康と生命を第一とする」のもと、今できうる最善の施術をご縁のあった方々へ行っていきたいと思っております。 どこへ行っても良くならない方や長年の痛みや不調でお悩みの方々は、ぜひ一度ご相談ください。

ホームページ限定!お得なキャンペーン

LINE登録でお得な情報ゲット!

当院のお問い合わせはこちら

 

予約電話バナー
--