八王子市の久保名倉堂整骨院ヘッダー
八王子市の久保名倉堂整骨院スマホヘッダー
八王子市の久保名倉堂整骨院でも交通事故治療は受けられます
交通事故のご相談はお気軽に八王子久保名倉堂整骨院へ

HOME >> | 交通事故治療 | むちうち治療

久保名倉堂整骨院の雑誌掲載

むちうち(頚椎捻挫)とは?

  • ①交通事故後にもっとも多い怪我
むちうち 交通事故

むちうちとは、交通事故に遭ったりしたときに首がむちのようにしなり、さまざまな症状を引き起こしている状態のことです。
 
ちょっとした痛みが続いている状態にすぎないと思ってしまう人もいますが、放っておくと悪化する可能性があるため、注意しなければなりません。
 
交通事故後には複数の症状が起こりますが、もっとも多い怪我がむちうちです。
 

  • ②むちうちは最初に症状がないことも
むちうち 症状が出ない

交通事故に遭ってしまっても、最初から症状が出るとは限りません。
 
突然の事故に遭ってしまうと、身体が緊張した状態になり、痛みを感じにくい状態になってしまいます。
 
したがって、すぐに痛みが出ないからといって安心することはできません。
 

  • ③事故後の1週間くらいから違和感が強く出る場合も
むちうち 違和感

交通事故に遭った直後から痛みが出てくる人もいますが、1週間くらい経過してから強い違和感が出てくることもあります。
 
そのため、交通事故に遭ったときは1週間ほど様子を見ることが大切です。
 
気になる痛みが出てきたら、1週間を過ぎた後だとしても医師の診察を受けるようにしなければなりません。
 

  • ④交通事故に遭ったらまずは医師の診断を受けておくこと
むちうち 診断

交通事故に遭った場合は、とにかく早く医師の診断を受けることが大切です。
 
自分では何ともないと思っていても、専門の医師が見ると症状が出ていることがあります。
 
むちうちの状態だと早く気づくことができれば、適切な対処がしやすくなるのです。
 

  • ⑤むちうちは整骨院でも治療ができます
むちうち 整骨院

むちうちの症状は、整形外科に通う必要があると思われがちですが、実は整骨院で治療をすることもできるのです。
 
整骨院なら、整形外科と違って多くの人が気軽に通うことができます。
 
交通事故に遭ってしまったときは、少しでも早く整形外科・整骨院で専門的な治療を受けることが望ましいです。
 
治療を始めるのが遅くなってしまうと、それだけ症状が回復するのも遅くなってしまいます。
 

むちうちの種類

  • ①頚椎捻挫(ほとんどのむちうち)
むちうち 種類

一般にむちうちと呼ばれている症状ですが、これは正式な症状名ではありません。
 
実は、むちうちには複数の種類があり、その大半は頸椎捻挫の症状です。
 
むちうちと頸椎捻挫はほとんど同義の言葉として用いられていますが、これは正確な理解ではありません。
 
多くの人に見られる症状としては、首の凝り・握力低下・だるさなどの症状があります。
 

  • ②神経根型のむちうちの症状について
神経根型 むちうち 顔の痛み

首の痛み・後頭部の痛み・顔の痛みなどが出てくるのが、神経根型のむちうちの特徴とされています。
 
脊髄から神経が出ているのですが、交通事故などでその神経が強く引き伸ばされてしまったり、神経に過剰な負荷がかかったりして痛みを引き起こすのです。
 
安静に過ごしていても痛みが徐々に強くなっていくことがあるため、注意しなければなりません。
 

  • ③バレーリーウー型のむちうちの症状について
バレーリーウー型 むちうち めまい 頭痛

後頸部交感神経症候群と呼ばれることもある症状で、交通事故に遭った際に神経が傷ついて起こります。
 
首の筋に沿って後頸部交感神経が通っているのですが、この部分が損傷してしまうと自律神経のバランスが崩れる原因となるのです。
 
頭痛・めまいが主な症状として見られますが、吐き気が起こることもあります。
 

  • ④脊髄損傷を伴う場合の対応について
脊髄損傷 むちうち 

脳から連続している脊髄が傷ついてしまうと、身体の麻痺症状・歩行障害などが見られることがあります。
 
下肢の方へと伸びている神経が損傷した場合、歩行障害につながることが多いです。
 
損傷した神経の部分によっては、膀胱や直腸にも障害が出てしまうため、排泄にも影響を及ぼします。
 

  • ⑤脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)
脳脊髄液減少症 むちうち

脊髄の内部には脊髄液という液体があるのですが、交通事故で衝撃を受けると脊髄液の圧が上がってしまいます。
 
その際に液体が漏れてしまうと、頭痛・頭の重さ・不眠などの症状につながりやすいです。
 
症状が重くなってくると、全身の痛みや味覚障害などが見られることもあるのが特徴です。
 
MRIなどを用いた診断が欠かせません。
 

むちうちの治療で大切なこと

  • ①医師の診断がないと治療が受けられない
むちうち 医師の診断が必要

交通事故に遭ってしまった場合、必ず医師の診断を受けておくことが欠かせません。
 
なぜなら、医師の診断がないと交通事故とむちうち症状との関連性が分からなくなってしまうからです。
 
医師の診断を受けていないと本格的な治療が受けられないケースもあるため、注意する必要があります。
 
交通事故の後遺症が遅れて出ることは多いので、医師の診断を受けることは必須です。
 

  • ②症状がひどいうちは安静が第一
むちうち 安静

交通事故に遭ってしまった後、しばらくの間は症状がひどい状態が続きます。
 
その間は無理をして動くのを避け、できるだけ安静に過ごすのが基本です。
 
安静第一でゆったりと過ごし、痛みが落ち着いてきたところで本格的な治療を始めるようにします。
 
症状がひどいうちに動き回ってしまうと、回復するまでの時間が長くなってしまうことが多いです。
 

  • ③交通事故によるむちうちで仕事や家事を休んでも補償がある
むちうち 休養 補償

交通事故に遭ったことでむちうち症状が出た場合、仕事や家事を休まざるを得ない状況になってしまいます。
 
その間の収入が途絶えてしまう不安があるわけですが、一般的には休んだことに対する補償があるため大きな心配をすることはありません。
 
余計な心配をすることなく、まずはしっかり身体を休ませることが大切です。
 

  • ④治療期間の目安は1~3か月
むちうち 回復

むちうちの症状が出てくると、いつまでも痛みが続くような恐怖に襲われます。
 
しかし治療期間は1~3ヶ月ほどが目安とされているため、それほど心配する必要はありません。
 
ただしこの期間はあくまでも目安なので、交通事故の程度や事故後の過ごし方などによって変化します。安静に過ごすことが大切です。
 

  • ⑤早めに治療を開始する方が改善が早い
むちうち 早めの治療

痛みがひどくなるまで放っておいてしまう人もいますが、治療を開始するのは早ければ早い方がよいのです。
 
早い段階で専門的な治療を開始した方が、改善するのも早くなります。
 
交通事故に遭ったときは、むちうち症状が出る人が多いので、症状が出ることを前提に行動するのが基本です。

  • 初回の流れ
 
八王子市の久保名倉堂整骨院・初回の流れ
  • 久保名倉堂整骨院へのアクセス
久保名倉堂整骨院アクセス
 
八王子市の久保名倉堂整骨院ライン
八王子久保名倉堂整骨院フッター